<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

命愛しむ

お散歩を再開した早朝・・・。

b0143879_21232192.jpg


まだ柔らかい太陽の陽射し。

ほんの少し冷気を含んだ風。

優しい音を奏でる川の水音。

視野の中に一面に萌える緑。

そんなもの達にいつも以上に心を動かされながらトランプと歩きました。

トランプもきっと同じことを感じてるよね。

b0143879_2123652.jpg



楽しい、楽しい、楽しい。。。

一緒に歩けるって楽しいね。

b0143879_21225275.jpg




我が家に小さな命が戻ってきた日の少しあとのこと。

義弟夫婦のところにも新しい命が。。。

b0143879_2128145.jpg


今朝、夜明けと共に誕生した生まれたてホヤホヤの命です。

抱いてみると羽のようにふわっと軽く、頼りなげなのですが、

彼らにとっては、大きな悲しみを乗り越えてやっと腕に抱くことのできた重たい重たい命なのです。

たくさんの人から愛されて、大きく大きくなるんだよ。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]

by tramplady | 2009-06-28 21:38 | トランプ

ただいま!!

大変ご心配をおかけしましたが、夕方無事に退院してきました。

血圧・脈拍・心拍・体温、すべて正常に戻り、歯茎もいつものピンク色に近いところまで回復しました。
ただ血液検査の肝臓機能の数値だけが
ALT(アラニン・アミノトランスフェラーゼ) 正常範囲 「10~100」 のところ、「218」
AST(アスパラギン酸・アミノトランスフェラーゼ) 正常範囲「0~50」のところ、「72」

と、まだ完全には下がっていないので、一週間薬を飲んで再検査です。

病院の先生も、最初にトランプの状態を見た時は正直、
「ちょっと嫌な感じがした・・・」のだそうで、ここまで回復してホッとしていると話して下さいました。
あの時、もしかしたら本当にトランプを失うかもしれないところまでいっていたのかと思うと・・・
言葉になりません。

これからの時期、犬がハチに刺されるという症例は増えてくるのだそうです。
軽い症状で済んでしまう子もいれば、トランプよりも更に思い状態に陥る子もいるそうで、
ハチの種類からその犬の持つ体質など様々な要素が関係してくるそうで、
どの子にどんな症状が現れるかは一概には言えないとのことです。

ただ、よく聞くことですが、一度目よりも二度目に刺された時のほうが
より重篤な症状が引き起こされるとのことで、トランプの場合も
もしかしたら以前にも知らない間にハチに刺されていたという可能性もあると言われました。
今後も散歩の時など、注意をした方がいいとのことでした。


病院から戻って来たトランプは自分のベッドへ直行。
b0143879_22391527.jpg


思う存分自分のにおいを満喫していました。
b0143879_2252752.jpg


そうだよ、そこがトランプの場所だからね。
もう空っぽのベッドは見たくないよ。
b0143879_22584346.jpg


今回トランプは幸せなことに私達のところへ戻ってくることができました。
でも、世の中には、愛する者が逝ってしまうのをなす術もなく受け入れざるを得ない人達がいることを想いました。
その想像を絶する悲しみを乗り越えた人たち、乗り越えようと自分自身と戦っている人達のことを想いました。
そして、今現在も愛する者を苦しめる敵から必死で守ろうと、つらさをこらえて打ち勝とうとしている人達のことを想いました。
すべての人たちの心に癒しが与えられるようにと、
宗教とは縁遠い私ですが、何か大きな力に手を合わさずにはいられない気持ちになりました。

b0143879_23232670.jpg

[PR]

by tramplady | 2009-06-26 23:38 | トランプ

ハチ毒によるアナフィラキシーショック

先週、体調を崩していたトランプにお見舞いの言葉をかけて頂いたばかりなのに、
またこのような報告をしなけらばならないのは心苦しいのですが、
今後皆様の大切なワンちゃんの身にも降りかかるかもしれない身近な危険を警告する意味でも、
今回トランプに起きた事をご報告しておきたいと思います。

あ、でも、今トランプは大丈夫ですので安心してください。
ちょっと長くなりそうですが、記録として残す意味でも、また、無知だった自分を戒めるためにも
詳しく書いておきたいので、読んで下さる方は安心して読んで下さいね。


昨日、午前中にトリミングを済ませ、夕方の散歩に出た時のことです。
公園の草むらを散歩中にトランプがハチに刺されました。
草むらに顔を突っ込んでいたトランプの顔の毛の中にハチが入り込んでいるみたいだと
一緒にいた娘が気付いたのですが、トランプは顔を振って気にする素振りは見せたものの
声もあげないまま、ハチも飛び去ってしまったので、まさか刺されているとは思いもしませんでした。

その後公園を出て100メートルも行かないうちにトランプが急に私の足元に寄ってきて座り込みました。
いつものわがままかと思っていると突然にそのまま吐きました。
そしてその場に伏せをしてハアハアと荒い息遣いをし始めました。
その時のトランプの舌の色が、今思い出してもゾッとするほど青白い色だったのです。
急いで口の中を見ると、いつもはきれいなピンク色の歯茎が同じように紫色に変わっていました。

その時初めて、もしかしてさっきハチに刺されたのかもしれない・・・
そしてショック状態に陥っているのかもしれない・・・
と、不安が一気に体中を駆け巡りました。

そこから先は夢中でした。
トランプを抱き上げ急いで家まで帰り、車に乗せて病院へ急ぎました。
後部座席で娘がトランプの体をさすりながら一所懸命声をかけていましたが、
私はガックリと脱力しているトランプの姿を振り返って正視することさえできず、
情けない母親まる出しでした。

病院について看護士さんにハチに刺されたかもしれない旨を伝えると
最初「トランプちゃん、どうしましたか~?」とにこやかに対応してくれていた笑顔がパッと消え、
バタバタと奥に駆け込んでいき、一緒に出てきた先生も要点だけを確認すると
「救急対応としてステロイド開始しますから」とだけ早口で告げると
トランプを脇にかかえて奥に行ってしまいました。

待合室に取り残された私は呆然となってしまいました。
「トランプ大丈夫?大丈夫?」と泣きながら不安を投げかけてくる娘に対しても
曖昧に頷くことしかできませんでした。
今自分の身に起きていることが全く理解できませんでした。
毎年スズメバチに刺されたショックで不幸にも亡くなる方がいるのは報道で知ってはいたもの
ミツバチだかアブだかはっきり確認した訳でもないような小さなものに刺されて
こんなことになるなんて、思ってもみなかったんです。
周囲にもハチに刺された人を知っていますが、
チクッとして赤く腫れ上がる程度・・・そんなふうな認識しかありませんでした。

かなり長い時間が経って、奥の部屋に呼ばれると点滴をぶら下げたトランプがケージの中にいました。
ぐったりしてるかと思ったのですが、自分の足でしっかりと立っており、表情もいつも通りでした。
トランプを抱いたまま先生の説明を聞きました。

やはり今回のことは、ハチに刺されたことによるアナフィラキシーショックだということでした。

ハチに刺された時の症状は人(犬)によって差があり、
知識不足の私が思い込んでいたような軽いもので済んでしまう場合もあれば、
トランプのようにかなり重篤に陥る場合もあるそうです。

トランプの場合、まず口腔粘膜の変色が顕著に現れていましたが、
これは血圧低下を意味するものでかなり危険な症状だということです。
それと体温の低下。人間でいうところの35度程度しかないとのことでした。
脈に関しては、太腿のつけねにある大動脈で外側から触れることはできたらしいのですが、
それでも機械で計測すると徐脈であることに変わらず、心配な要因だということでした。
血液検査の結果では、肝臓の数値が異常に高く出ていました。
ALT(アラニン・アミノトランスフェラーゼ) 正常範囲 「10~100」 のところ、「218」
AST(アスパラギン酸・アミノトランスフェラーゼ) 正常範囲「0~50」のところ、「
213」

これはやはり急性の中毒症状の結果であろうとのことでした。

処置として、ステロイド系の点滴をかなり速い速度で落とし全体的な症状を見ていきたいとのことでこの日は強制入院ということになりました。
ケージに戻すとき、トランプは今までにない強い力で私にしがみつくようにしており、
引き離すのに時間がかかるくらいでした。
あの時のトランプのたてた爪の感触がまだ残っています。

それでも、病院に連れてきたときに比べると元気が戻っていたのが救いではありました。
先生も、アナフィラキシーショックに陥った場合、一番危険なのは30分から1時間なので
その域は脱しているし、毒性の強いハチではなかったことは幸いだったとして
このまま回復に向かう可能性が高いと言われ、この日は帰宅しました。

それでも昨夜はつらかったです。
食事を摂る気にもならず、いつ携帯電話が鳴るかと気が気ではなく、夜もほとんど眠れていません。
考えるのは自分の馬鹿さ加減ばかり。
独りよがりの薄っぺらな知識しか持ち合わせておらず、
小さなトランプにとてつもない恐怖を与えてしまいました。
娘の方が危機感を持って「ハチ、ハチ!!」と大騒ぎしていたにもかかわらず
「騒ぐと余計危ないよ」などと能天気なことを言っていた結果がコレですから・・・。
自分でもあきれてしまいます。
母親としてもダメダメで、子供達の前では泣くまいと思いながらも
不安は態度に出てしまっていたらしく、逆に子供達に変に気を使わせてしまっていたようです。

あ~~~、ダメですね。
淡々と事実だけを書き残すつもりが、つい愚痴になってしまいました。

先ほど朝一番で病院から電話があり、口腔粘膜の状態も昨日より良くなり、
血液検査の数値も昨日より下がりつつあるとのこと。
また、トランプらしいことに出された朝食をペロッとたいらげたとのことで
夕方以降の退院が許可されました。
その内容を聞いて初めて少しホッとした気持ちになり、こうして記録を書く気になりました。

家に戻ってきたら、元気なトランプの姿をまた見て頂き、
先生からのお話など追記したいと思います。
[PR]

by tramplady | 2009-06-26 11:55 | トランプ

せつない鳴き声

今日はお姉ちゃんのお友達が遊びに来ました。

さすが女の子、「きゃぁ~~可愛い~~~!!」と黄色い声を飛ばし

撫でたり抱っこしたり、やはり先日の無関心の男子中学生とは違います。


でも、ひとしきりかまった後はやはり自分達の世界に没頭したいのは同じで

またもやトランプの前で部屋の扉はピッタリと閉ざされたのでした。

楽しいひと時を過ごした名残なのか、先日よりも執拗な反応を見せ



泣いておりました・・・。

あとあとまでプスプスとくすぶっているのが聞こえます?



その後ふとトランプの姿が見えないことに気が付いて探してみると

b0143879_1719465.jpg


普段はこんな所で寝ないのに、抗議のふて寝か・・・。



お嬢様方のおやつに作った「カフェオレロール」

b0143879_17241510.jpg


やっぱり女の子は甘いものがお好きなようで、好評でした。

b0143879_17251468.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]

by tramplady | 2009-06-24 17:32 | てづくり

任務遂行中でつ

初めての自転車に乗ってるんるん~♪とでかけた先は

『わんわんパトロール隊定期集会』
b0143879_135474.jpg


地域の防犯対策の一環として組織されたわんわんパトロール隊員であるトランプにも
集結の指令が下ったので出かけて行ったのですが、集まったワンコは10頭足らず・・・。
たくさんくるかと思ってたのに拍子抜け。

警察署の人のお話を聞いたり、最近頻発しているひったくり犯罪の実演を見たり
防犯意識を高めるためにはいい集まりではありましたが・・・
なんか、トランプ連れてきた意味ってあるの・・・?

「ふむふむ、なるほど・・・貴重なお話でつ」
b0143879_13165526.jpg


きっと同じようにお父さんに連れてこられて退屈をもてあましていたんであろう姉弟が
トランプをとても気に入ってくれました。

b0143879_13191758.jpg

b0143879_13195661.jpg


最初ちょっと怖がる様子を見せていた弟くんは「可愛い、可愛い」と
抱き上げんばかりの気に入りよう。
b0143879_13211389.jpg


でもトランプ、かなり引いておりました^^;

人にまったく興味ナシな子なんですよね。

お散歩の途中に犬好きの方が「可愛いわね~」と言って手を出して下さっても激しく無視です^^;

犬に対してはあれだけの反応を見せるのに、人となるとど~でもいいようです・・・。

もうちょっと愛想よくしてくれると、いろんな人から可愛がってもらえるのにね~。


さて、この姉弟くん、トランプと一緒にお散歩がしたいと言い出したので
娘が一緒について公園内を歩き回っていました。
b0143879_13334972.jpg


一度リードを持たせてあげたらしいのですが、トランプの引きが強く転びそうになったとのことで
「危ないから」と言い聞かせたらしいです。
他にも「しっぽはさわらないでね」とか、「上からじゃなく顔の下の方から触ってあげてね」などと
犬との触れ合い方をレクチャーしておりました。

まぁ、地域住民との親睦を図るといった意味での
わんわんパトロール隊員としての責務は果たしたか・・・と^^;

「任務完了でつね」
b0143879_13394891.jpg



暑い中ご苦労でありました^^ゞ


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]

by tramplady | 2009-06-23 13:54 | トランプ

初チャリ体験

昨日は午後からトランプ連れで近所の公園へ出向かなけれいけない用事がありました。
体調はすっかりよくなり、食事も散歩もいつも通りに戻ったのですが、
一応病み上がりの身体でもあり、また午後の暑い時間帯でもあったので
アレに初チャレンジしましたよ。

自転車~~~♪
b0143879_859558.jpg


今回は娘の自転車に乗せ、横で私がガッチリとガードを固めました。

b0143879_924879.jpg


最初かごに入れる時は「いったい何をされるんだ?!」状態でしたが
中に入れてしまえば自らおすわりしておとなしく乗っていました^^

b0143879_975591.jpg


娘曰く、「ママチャリで子供乗せてるみたい~♪」

幼稚園時代、さらに後ろにもう一人乗せたうえ、
両手に荷物を下げて何処へでも行っていた母のパワーを実感したはずだ。

「自転車暴走族でつ~~~!!」
b0143879_9154740.jpg


暑い日にこうやって公園まで行って、木陰を散歩させるという方法もありかも。
私の自転車、古いかごをつけかえちゃおっかな~。

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]

by tramplady | 2009-06-21 09:23 | トランプ

完全復活・・・かな?

今週に入ってからずっと嘔吐が止まらなかったトランプ。
一番ひどい時はお水を飲んだだけでも吐いてしまい、元気もなくぐったりとグロッキー状態でした。
b0143879_10534376.jpg


病院では、下痢はしていないくて嘔吐のみという症状が気になるってことで
誤飲の可能性もありとのことでレントゲンも撮ったのですが、異物はなく腸閉塞などもないとのこと。
脱水症状を防ぐために点滴をしてもらい、この先もあまり嘔吐が続くようなら
もっと詳しい検査をする必要がありますと言われていたのですが
一昨日の夜あたりから徐々に回復してきました。
b0143879_10564828.jpg


この数日何が心配だったかって、やっぱり元気がなかったことでしょうか。
私達が食事をしていても興味も示さず、(コレ一番重要・・・)
家事をする私の周りをいつもの様にストーカーなみに追い回すこともせず、
気分転換に外に連れて行っても、いつもならリードがピンと張るほど引っ張って歩くくせに
まるで老犬のように私の後をトボトボと着いてくるだけ。
これじゃあ心配にもなりますよね。
いつもと違いすぎますから。

それが一昨日はお茶とお菓子を持ち込んでパソコンに向かっていると、何やら感じる熱い視線。
b0143879_1153393.jpg


ここ数日ろくに食事を摂っていないことに気がついたみたい^^;
b0143879_11281380.jpg


昨日から少量ずつごはんをあげて様子を見ていますが、吐く様子はないし、
お散歩もいつも通りになってきました。

昨夜は息子相手にケンカをふっかけたり
娘の部屋からぬいぐるみを略奪してきて遊びに誘ってみたり
夕飯を作る私の足元でスタンバイしたりと、いつものトランプに戻ってきたのでひと安心。
もう大丈夫だね~?

結局原因がなんだったのかわからないのですが
このところ目に余るようになっていたお散歩中の拾い食いも気になるし、
この時期、ごはんやおやつの保管の仕方も改めて見直さなければと思いました。

b0143879_1123635.jpg

今週予約していたトリミングも、体の負担を考えて延ばしてもらいました。
不本意ながら当分モサ男状態が続きます^^;

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]

by tramplady | 2009-06-19 11:29 | トランプ

もっと遊びたいの!

土曜日の朝のお散歩。

「ここに来るのは久しぶりでつね!」
b0143879_12276100.jpg


この公園も朝早めに来ると絶好の放牧場です。
b0143879_12274129.jpg


前面貸しきりドッグラン。
遊具も独り占めです。

b0143879_12284433.jpg
b0143879_12285483.jpg
b0143879_1229818.jpg
b0143879_12291848.jpg

(娘よ、許せ・・・載せてしまった・・・)


ここにもきれいな紫陽花が咲いてたのでパチリ。
b0143879_12302218.jpg


ここに来ると必ずするのが小枝拾い。
と言っても、「持ってこい」はしません^^;
ただ拾っては齧るだけ。
b0143879_12332159.jpg


でも楽しいんだよね。
b0143879_12335019.jpg


たっぷり遊んだ頃、近所の保育園児や子供達がわらわらと集まりだしたのでトランプの遊びはここまで。

でもね・・・
b0143879_12365627.jpg


そしてお決まりの・・・
b0143879_12371911.jpg


公園の出口でも・・・
b0143879_1237355.jpg


まだまだ遊び足りないトランプなのでした^^

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]

by tramplady | 2009-06-13 12:47 | トランプ

仲間はずれ

中学校の運動会の振替休日だった月曜日、息子の友達が家に遊びに来ました。
狭い部屋にむさくるしい 体の大きな中学生6人が頭を突き合わせて
ゲームをしたり漫画を読んだり楽しんでいたようです。

「失礼しま~~す!」と野太い声と共にどやどやとあがりこんできた男子達に
「ワンワン!!」と甲高い声で吠え、くるくる回りながら大歓迎で迎えたトランプ。
その様子は「よく来てくれたでつね! さぁさぁ、なにして遊びまつか?」と
まるで自分の友達が来たかのような興奮ぶりだったのですが、
当然のように一緒にくっついて部屋に入ろうとすると・・・
b0143879_1449122.jpg

b0143879_1450463.jpg


「なんで閉まったでつか・・・?」
b0143879_14502671.jpg


トランプは仲間とはみなされなかったようです。

でもあきらめきれずにその後もずーっとドアの前にはりつく始末。
そして楽しそうな声が聞こえるたびに「キュウ~~~~ン」とせつなげな声で鳴いてました(涙)

「ボクだって同じお年頃の男同士なんでつけど・・・」
b0143879_1453841.jpg


またもや銅像と化す・・・。
何度呼び戻してもガンとして動かず、後ろ髪ひかれまくり。

「さみしいことでつね・・・」
b0143879_14584147.jpg


ちょっと本気でかわいそうだった・・・^^;

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]

by tramplady | 2009-06-10 15:04 | トランプ

ボクの名前

今日は『うちの子記念日』。
去年の今日、トランプは我が家の家族になりました。

こ~んなにちっちゃかったのね~。
b0143879_13331019.jpg

トランプは最初、表面の毛に茶色が多く入ってたんです。
どうなるのかな~と思ってたら、トリミングに出すたびに減っていったんですけど。


犬を迎えた家でまずおこなわれる最初の家族の共同作業・・・。
それが名づけだと思います。
我が家の場合も家族会議が開かれたんです。
でも最終的に名誉ある決定権は娘に委ねられました。

最初は女の子らしく、スイーツやフルーツの名前を挙げていましたが、
ミニチュアシュナウザーという犬種について調べていた時に
これはディズニーの『わんわん物語』に出てくる犬なんじゃないかという話になりました。
私もそう信じて疑わなかったんです。

娘がディズニー大好き少女だったことと、「トランプ」という響きも可愛くて気に入ったということで、
結局約一名の反対意見(←パパ^^;)はあっさり却下され
娘の一声で我が家の真っ黒いもしゃもしゃ君は「トランプ」という名前を授かったのです。

b0143879_13532580.jpg

ところがですよ!
後日またまた調べてみると、わんわん物語のあの勇敢な雄犬はシュナウザーじゃなかったんですね~。
ニュージーランドハンタウェイという牧羊犬なんだそうです。
こちらで詳しく見れますよ~)

でもあのアニメで、レディと並んでミートボールののったスパゲティを食べてる姿は
どこからどう見てもシュナウザーにしか見えないでしょ?!
だから娘も「じゃあ、わんわん物語に出てくる犬に似てる犬ってことで『トランプ』!」
というふうに納得してました^^;


物語のトランプ君みたいに、女の子にやさしく、そして強い男の子に近づけてるかなぁ?
b0143879_1444095.jpg




この間ペットショップに行った時にミニシュナの男の子がいたんですね。
その子の紹介文のところに「あの『わんわん物語』にでてくる犬種です」なんて断言してあったのを見て娘と顔を見合わせて苦笑いしちゃいました。
余計なお世話なので訂正はしませんでしたが・・・。

b0143879_14105992.jpg

私は、この名前の響きもそうですが、
「TRAMP」とローマ字にした時の綴りがなんかとっても気に入ってるんです。

皆さんのワンちゃんの名前の由来ってどんなですか~?

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]

by tramplady | 2009-06-08 14:20 | トランプ