<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

復活

「ママ~~、ボクは復活したでつよ~~」
b0143879_1565295.jpg


ちょっと、一応術後なのであまりぶっ跳ばさないでくださいね^^;
それよりなんかしゃべり方が生意気…ではなくて、大人びてますけど…何故に?

「ボクはタマタマを取って一人前のオトナのオトコになったんでつから
もうでしゅましゅ言葉は卒業したんでつよ」
b0143879_15104886.jpg


へぇ~~~、ほぉ~~~オトナのオトコね~~。
それならおうちに帰ってからのあんなことやこんなこともばらしちゃいましょうかね~。



「ママ、ママ、ボクはとっても痛いんでしゅよ・・・」
b0143879_15173397.jpg


傷が痛いんだか、つけられたカラーに固まってるのか、自分で体の位置をかえることもしないでうつろな眼をしながらひたすら寝てたよね。


「はぁ~~、ボクはとっても怖い思いをしたんでしゅ・・・」
b0143879_1521551.jpg


「今思い出してもおっかなくて・・・思わず・・・」
b0143879_152358100.jpg


思わずこのままの体勢でおもらししちゃったんだよね、ここでね。
しかも溜まりに溜まった二日分の大量のおしっこをね。
あ~あ、カーペットクリーニングに出さなきゃ・・・。


「あっ、枯葉がまた散っていきましゅね。
最後の枯葉が散ったら・・・」
b0143879_15275959.jpg


冬という季節になるんでしょうね。
でもうちの窓からは落葉樹は見えないはずですけどね。


「ふんだ!意地悪ママさんでつね!」
b0143879_1537860.jpg


まぁ、そんな憎まれ口をたたけるくらい元気になってくれて良かったですよ。
だってトランプってば、家に帰ってからもずっとぐったりしててピクリとも動かなかったでしょ。
おしっこしに外に連れて行っても、地面に降ろすと一歩も動かないし、
部屋の中でさえも自分からは動こうとしないし、半眼の状態でボーッとしたままだし、
あまりの精神的ショックから心の病気になっちゃったんじゃないかと思ったほどなんだから。
(まぁ、食欲だけは相変わらず旺盛だったからそれだけは救いだったけど・・・)

だから、昨日の昼間に「お散歩行くよ~」って言った時にいつも通りの反応をしてママのところに走ってきた時は本当に嬉しかったんだよ。
b0143879_15443820.jpg
いつもみたいにママの前を歩かないと気がすまないし

b0143879_1546372.jpg
おしっこも脚上げてできたし、あ~いつものトランプに戻ってくれた~って思ってホッとしたんだから。

リハビリ散歩だったからおうちの周りをぐるっと一周だけって思ってたのに
「そっちには行きましぇん」
「こっち行きたいんでしゅよ」
と引っ張り廻されて結局いつもの公園まで連れて来られちゃって、ちょっと遊びすぎちゃったけどその元気っぷりに心底安心したんだよ。

まだちょっと傷が気になるみたいだけど、抜糸するまでの辛抱だからね。
やっぱり元気なトランプが一番だよ。
本当によくがんばったね、トランプ。

「はい!でつ♪」
b0143879_1552973.jpg

[PR]

by tramplady | 2008-11-29 15:59 | トランプ

ご報告

去勢手術を受けたトランプですが、先程無事に帰ってきました。

今朝10時頃病院で血液検査を受け、異常なしとのことだったのでそのまま手術に臨みました。

そして3時頃電話で、もう麻酔から醒めてもぞもぞ動き出しているということと、思ったより簡単な手術で済んだので今日中に帰ってもいいとの連絡を受けました

早く迎えに行きたくて約束に時間よりも30分程早く着いてしまいました。
かなりグロッキーになっていてケージから一歩も出てこないとのことだったのですが、
「トランプ、おうち帰ろう」と呼びかけるともぞもぞと出てきてくれました。

先生の話によると、問題のもうひとつの精巣は、本体そのものは腹腔内にとどまっていたのですが、先についているヒモ状のものが外側に出ていたので、腹腔を1センチ程切っただけでそのヒモを引っ張り出すことによって外にポロッと出てきたそうです。

なので最初考えられていたほど時間もかからず簡単に終了し、若い為に麻酔からの覚醒も早く、入院も必要なく帰宅できたというわけです。

その精巣も実物を見せて頂きましたが、お腹に残っていた精巣は本来のものと比べて半分ほどの大きさしかなく、形もなんだかよくわからないような「異物」といった感じでした。
トランプは残留乳歯も5本ほど一緒に抜いてもらったのですが、きれいに消毒して下さった歯は記念に持ち帰りましたが、さすがに精巣は「そちらで処分してください」とお願いして置いてきました。

トランプはさすがにハードな一日を過ごしてきたとあってまだぐったりとしています。
今日一晩はおそらくだるそうに寝てばかりいるだろうと言われてきたのですが、こんなに元気のないトランプは初めてなので、ちょっと心配になっちゃいますね。
でも明日には簡単なお散歩もOKということなので、元通りの元気いっぱいのトランプに戻るのもすぐだと思います。

b0143879_22343488.jpg
オシャレな襟カラーでしょ。
柔らかいダウンみたいな生地でできているので、このまま寝られちゃうんです。
枕代わりになって案外寝心地良さそうです。
でもきっと明日になったらうるさがるんだろうなぁ。

今回の件で、トランプが家族の一員であることはもちろんですが、その存在の大きさを改めて痛感しました。
より良い手段を必死で考え、探し、決断し、それでも迷い、悩み、ここ数日間は気持ちが晴れたことはありませんでした。
だから病院に迎えに行った時に抱いた時のトランプの体の重みをこれほどまでに嬉しく感じたことはありません。
本当に心からホッとしました。

ご心配頂いた方々に心からお礼を言わせてください。
気持ちが弱っている時に心強い言葉をかけて頂いてとても励まされました。
どうもありがとうございました。
[PR]

by tramplady | 2008-11-26 22:36 | トランプ

決断

毎年この時期になると、ダンナからたんまりと仕事を頼まれます。
内職のような単純な作業なのですが、ものすごく時間に縛られます。
夜更かしは苦手な私が日付が変わるまで起きていることもしばしば。
パソコンに向かう時間もとれず、年賀状も作らなくてはならないのにと少々焦り始めています。
でも期間限定なので、あと一ヶ月弱はボチボチ更新でがんばります!

もうすぐ8ヶ月を向かえるトランプ。
フィラリアの予防薬とフロントラインをもらいに病院へ行ってきました。
そして、来週の水曜日に去勢手術を受けることを決めてきました。

トランプは、ワクチン接種の為に初めて病院を訪れた時に「停留睾丸」であることを指摘されていました。
普通雄犬の精巣は、産まれた時にはお腹の中にあるものが生後一ヶ月ほどで陰嚢内に降りてきます。
しかし、中にはこれが正常な位置に降りてこず、お腹の中や鼠径部にとどまってしまうことがあり、「停留睾丸」とか「潜在精巣」などと呼ばれるようです。

そしてこの異常な場所に残ってしまった精巣は、正常な陰嚢内の精巣に比べて約10倍以上の確率で精巣腫瘍を発症しやすいとのことです。

トランプは、ひとつの精巣は正常に降りてきているのですが、片方がこのケースなのです。
その為、繁殖には適さないということも含めて6ヶ月を過ぎたら摘出してしまった方がいいと言われていました。

私はもともと繁殖させる予定はなかったし、将来起こりうる生殖器の疾患のリスクを考えると
早い時期に去勢手術を受けることに抵抗はありませんでした。
ただトランプの場合、もうひとつ懸念されることがあり、半年を過ぎてもずるずると手術の時期を決められずにいました。

それは、先生の話によると、お腹の中にあるはずの精巣が外側から触った限りでは手に触れないというのです。
これは、本来の精巣の形を成していない状態で存在するのか、それとも先天的に片方の精巣しかなかったのか、今の段階ではなんとも言えないがどちらにしても非常にレアなケースであるのだそうです。

その為トランプの手術は、お腹を開いて片方の精巣を探すことから始める為結構大掛かりなものになってしまうそうです。
本来の去勢手術であれば、早ければ30分から1時間くらいで終わり、入院の必要もないところが、今回は時間もかかるし体力的にも負担がかかるため、最低でも一日以上の入院も必要だということでした。

手術の危険性に関して質問すると、獣医である以上100%大丈夫という安易なことは言えないが、若くて健康体であるトランプなら手術中の危険性に関してはあまり心配はしていないということと、ただ全身麻酔によってアレルギー反応を起こし事故が起きることも非常に稀ではあるがゼロではないということだけは認識しておいて欲しいと言われました。

それでも、このままお腹の中に精巣を残し、将来性ホルモンに関連した重い疾病を発症するリスクに比べればその比どころではないということを考え合わせ、やはり手術をすることに決めました。

もちろん不安だらけです。
本当にこの選択でいいのか。
万が一のことが起こってしまったらどうしようか。
元気なトランプの姿を見ていると胸が締め付けられる思いがします。
でも万全の体制で臨んで下さるであろう先生方を信じ、トランプの体力を信じて、あまりマイナスナことは考えないでおくことにしました。
トランプに不安が伝わってしまうのも良くないですしね。

b0143879_1102378.jpg
『そうでしゅよ!
ママがそんな難しいお顔をしてたらボクまでこ~んなお顔になっちゃいましゅよ!』

と、トランプに言われてるような気がします。

そうだよね。大丈夫だよ。
[PR]

by tramplady | 2008-11-21 11:06 | トランプ

お台場のビーチで

先週末は、学校行事の為に子供達は登校。
その代わり月曜日が振替休日になりました。
息子は友達と近くの川に釣りに出かけるというので
私たちは、娘の希望でお台場へ行くことにしました。

まず娘がしたかったのはトランプとプリクラを撮ること。
今回は私も一緒に撮っちゃいました*^^*
今のプリクラってすごいですよね。
「おめめパッチリ」とか「美白」とか結構修正が利くんですよ。
それを携帯に送信して待ち受けにしてます^^
こんなの私が若い時にあったら、やっぱりはまってただろうなぁ~。

いろんなお店を見て回った後はお台場の海岸へお散歩に向かいました。
トランプにとってははじめての海。
反応が楽しみ~~^^

普段とは違う初めての砂浜の感触にビビるかと思いきや

走る~~~~!!
b0143879_111738100.jpg


跳ねる~~~~!!
b0143879_11183357.jpg


そしてずんずん海に向かって歩いていきます
b0143879_1119514.jpg


そのまま海に入ってしまいそうな勢いにおねえちゃんの方がビビってます^^;
b0143879_11212092.jpg

どこまで恐れというものを知らない子なのだろうか…。

そして引いては寄せる波の不思議な動きにしばし心を捉えられたあと…
b0143879_11225061.jpg


飲むな~~~~!!
b0143879_11241995.jpg


砂浜でも砂は食べるは、やりたい放題した挙句ゲーゲーしてました^^;
当然ですよね。まったくおバカちゃん。

b0143879_11264048.jpg

クリスマスイルミネーションの点灯式のニュースをテレビで見たあとだったのですが
昼間に見るとなんか間が抜けてますね^^;
ほんとは夜までいたかったけど、次の日は学校があるし、また出直しましょう。

b0143879_1129795.jpg

来年の夏は海デビューできそうかな…?
[PR]

by tramplady | 2008-11-12 11:33 | おでかけ

秋景色の公園へ

お天気に恵まれた三連休でしたね。
お出かけされた方も多かったのではないでしょうか。

世間では連休といっても、我が家の場合、ダンナの仕事の関係でいつも連休になった試しがないので、普段のお休みと変わらず母子のペースで過ごしました。

初日はトランプと一緒に近所の公園&小規模ドッグランで遊び、二日目は娘のトリミング・・・ではなく、ヘアーカットに付き合って必要な物の買出し。

最終日は昭和記念公園へ行って秋の公園を満喫してきました。
b0143879_20304713.jpg
紅葉はまだまだですが、うっすら色づき始めた木々に深まる秋を感じます。
夏の新緑の頃とは全然違った景観にうっとりです。

銀杏の樹のトンネル。
b0143879_20333597.jpg
さすがにちょっと臭いが…^^;

まずはやはりドッグランへ。
さすがに祝日とあってたいそうなワン混みでした。

チワワやパピヨン達で賑わう小型犬エリアはスルーして中・大型犬エリアへGO!

お出迎えしてくれたバーニーズのお兄ちゃん。
b0143879_20375670.jpg
えらく気に入られたトランプはこの後ず~~っと、後ろにぴったりとくっついて回られてました。

「もういい加減にしなさいよ!」と飼い主さんに止められてます^^;
b0143879_20424824.jpg


でも追い回すといっても、保護者の様にただくっついて来るだけの穏やかな様子に、
トランプも嫌がることもなく
b0143879_20444865.jpg


5ヶ月ちょっとという、ジャックラッセルの男の子。
トランプと結構いい取り組みを開始。
b0143879_20464924.jpg


飼い主さんも、「あら、今日は負けてるじゃないの~、がんばりなさいよ~」とおおらかな様子だったので私のほうも安心しておすもうを続けさせてあげることができました。
b0143879_2049856.jpg


「普段はなかなかここまで相手になってくれる子がいなくて~」と私が言うと
「うちもそうなのよ~。今日は思いっきり遊べていいわ」と。
活発すぎる子を持つ者の共通のお悩みですね。
b0143879_2052245.jpg
(ね、バーニーズ君が心配そうに見てるでしょ)

その後今度は相手を変えてフレンチブル君と「見合って見合って~」
b0143879_20572975.jpg


こちらの飼い主さんもニコニコと楽しそうに見守ってくれていたので、またまた一安心。
b0143879_20592567.jpg
フレンチブルって、のそっとしてそうだけど意外と動きが早いんですよね。
ガーコガーコ言いながらもこちらもいい取り組みを見せてくれました。

「まぁまぁ、ちょっと一息入れなさいよ~」と割って入ったラブちゃんの仲裁で一時休戦。
b0143879_2132164.jpg


その後はいろんなワンちゃんにちょっかいをかけに行き・・・
b0143879_2153888.jpg

b0143879_2172899.jpg

b0143879_2185475.jpg


ドッグランを出た所ではシュナちゃんともご挨拶ができ・・・
b0143879_2110751.jpg


お弁当を食べた広場でおにいちゃん、おねえちゃんと楽しくサッカーに精を出し・・・
b0143879_21115378.jpg

b0143879_21124122.jpg
公園を後にしたのでした。

とってもいい休日でした。
[PR]

by tramplady | 2008-11-03 21:19 | ラン&カフェ