<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

注文の多い飼い主

今朝5時に目が覚めてトイレに行ったら、まるで夜中のような暗さにビックリしました。
夏の間はこの時間に毎朝お散歩に出てたのが信じられないくらいです。

それにものすごい寒さ!!
思わずババシャツひっぱり出してきて着込んじゃいました。
これからの必須アイテムです^^;
季節が巡るのは本当に速いですね。

さてさて、今回のトリミング、いつものサロンから浮気しちゃいました^^
毎回可愛い写真を撮ってくれるし、特に気に入らないことがあったわけではないのですが、
今回見つけたサロンは更に家から近く、スタイリングだけでなく、トリマーだからこそ気付くことができるワンコの健康状態の把握に力を入れているとの評判で、この時期は特別に無料で歯磨き指導もしてくれるというので行ってみました。

今回は、夏にカフェで出会ったシュナ仲間のロッキー君の可愛いモヒカンスタイルが印象に残っていたので、真似っ子してオーダーしました。

b0143879_10451556.jpg


モヒカンといっても直線状の細長いものではなく、頭の毛全体がモヒモヒとなるようにと…。
眉毛とお髭は短く丸く、顔全体はあまりシャープになりすぎないように、睫毛と耳の外側の毛は伸ばす為に残してもらい、体は2~3ミリくらいで短く。
足の毛は、最近絡んで毛玉になることが多かったので、あまりボリュームが出過ぎないように。
ふぅ~~、さぞかしうるさい飼い主と思ったでしょうね、きっと^^;

頭の部分はまだ毛が短くて思った様にはならなかったけど、仕上がりの具合は今までの中で一番気に入っています。
もともともしゃもしゃ顔が好きな私、親バカ丸出しで「可愛い可愛い!」とこねくり回してしまいました。

それに今回今までと違った感じになったのが足のライン。

b0143879_10564778.jpg
お腹の飾り毛からラインが綺麗に流れてきて、腿の部分で斜めにスパーンて切り込まれてるのがなんかかっこいい!…と思ったのは私だけ?よね、きっと^^;

b0143879_11202988.jpg
ははは、なんかちょっとおむすびみたい~~*^^*
もう少し伸びれば様になると思うんだけどな。

今回初めてのサロンでちょっとドキドキだったのですが、お店の人もトランプを見るなり「可愛い~、癒される~」と歓待してくれたし(←それだけで気分がいい飼い主)、健康面でもいろいアドバイスもらえそうだし、こっちに変えちゃおうかなぁなんて迷い始めちゃいました。
前のところもいいんだけどな~。

「まったく浮気性なママでしゅね!」
b0143879_1181581.jpg

[PR]

by tramplady | 2008-10-30 11:25 | トランプ

Trick or Treat!で、かぼちゃのケーキ

HAPPY HALOWEEN!!ということで「愛犬のおやつ教室」に参加してきました。
場所は以前記事にも書いた『わんにゃんワールド』の中のカフェです。

この日をものすご~く楽しみにしていた娘は、自分が実行委員を務める児童館の秋祭りと
日にちがかぶっているのをすっかり忘れており、泣く泣く息子とバトンタッチ。
「ねぇ、レシピ覚えてきてよ」
「写真いっぱい撮ってきてね」
「どんなワンちゃんがいたかおしえてよ」
しつこいくらいいろいろ念押しされました(汗)

この日は、施設のある周辺ではハロウィンイベントが大々的に開催されており
どこもかしこも仮装した子供(若干のアニメ系若者も・・・)でいっぱい。
なのでトランプもはりきってこんな格好をさせてみました。

b0143879_14221080.jpg
「まったくいい迷惑でしゅ・・・」

おやつのメニューは、米粉を使ったかぼちゃのケーキですって!

まずは卵をよ~く泡立てたところに米粉とBPをふり入れてさっくりまぜたものを
容器に入れてレンジでチン!
b0143879_14251173.jpg


オーブンで焼くのでなくレンジで膨らませるので蒸しパンのような感じでしょうかね。

そこに豆乳クリームを泡立てたものを塗ります。
b0143879_14283114.jpg


ゆでたかぼちゃを裏ごしして豆乳クリームを少し混ぜて作ったかぼちゃクリームを搾り出し
b0143879_14304644.jpg


かぼちゃチップスをトッピングしたら完成!!
b0143879_1432164.jpg
作:おにいちゃん

作業中、何やらおいしいものの臭いとそれが作り出される食器の音に反応するも、
お隣の美人のお姉さんに連れられたこれまた超美人さんのトイプーちゃんに釘付け状態のトランプ。
b0143879_14382423.jpg

じっと見つめたままピクリとも動かず。
まぁ、静かにしててくれればなんでもいいですが。

その後、デモで作ったケーキをみんなで試食しました。
人間用にははちみつをとろっとかけて頂いたら、これが結構おいしかったです。

トランプにはおうちに帰ってから進呈するも・・・

秒殺。
b0143879_14421998.jpg


実りの秋を堪能したご様子です。

「おいしかったでしゅよ。
でもボクはちょぴっとしかもらえなかったでしゅ。
残りはどういうわけかボクのおやつをえらく気に入ってしまったおにいたんに
全部食べられちゃったんでしゅ・・・。
でもおいしいおやつをくれたからイタズラはしないでおいてあげましゅよ」
b0143879_1446554.jpg


もしゃもしゃトランプ、明日は約二ヶ月ぶりのトリミングに行ってきま~す。
[PR]

by tramplady | 2008-10-27 14:56 | ラン&カフェ

ちょっぴりワガママ君

b0143879_13134740.jpg

川沿いのいつものお散歩コース。

数百メートルおきにかかっている橋を渡ってUターンして帰るのがいつものパターン。

この日は青くて高い空と澄んだ空気が心地よく、いつまでも歩いていたい気分になりました。

そこで娘を誘って距離を延長。

いつもは3つ目か4つ目の橋まで行くところを、きょうはふたつ延ばして広い道路に突き当たるまで歩いてみることに。

川沿いの散歩はほんとに気持ちが良く、人間二人は「秋っていいね~」と気を良くして歩いていたのですが、7ヶ月を迎えてそろそろ反抗期突入かといわれるこの方は・・・

「イヤでしゅ、歩きましぇん!」
b0143879_1328375.jpg


もともといつもと違う場所に来た時など、少しとまどいを見せて座り込んだり、体をかきかきしたりするのでまずはおだてて歩かせてみるのですが・・・

「ツン!!」
b0143879_13233773.jpg


少し歩くとこの通りストライキ突入の構え。

それでも声をかけて気を引き、体を撫でて励まし気持ちを奮い立たせようと試みるものの・・・

「ゼーハー、ゼーハー」
b0143879_132954100.jpg


もう!仕方ないな~~

エネルギー補給
b0143879_1330549.jpg


すると・・・

「なにちんたら歩いてるんでしゅか、さぁ行きましゅよ!」
b0143879_13322079.jpg


そんな意気込みも長くは続かずついには

「おねえたん、ボクたんはちゅかれたでしゅ・・・」
b0143879_1347560.jpg


と、うるうるした瞳で私ではなく娘をしっかりと見つめ・・・

「あっかんべ~~だ!」
b0143879_13492187.jpg

やさしいおねえちゃんに抱っこしてもらいましたとさ。

ふ~~んだ!
ママひとりだったら、こんなに甘くはいかないからね~
覚悟しときなさいよ!
[PR]

by tramplady | 2008-10-22 13:55 | トランプ

さらば、自由な時間よ

トランプが来てから本当に毎日が楽しくて幸せいっぱいな我が家ですが
たったひとつお悩みが・・・。

それはママの貴重な貴重なおやつタイムがなくなってしまったこと。

子供達が学校から帰ってくる前の一人きりの貴重な時間、
撮り溜めてあったテレビや映画の録画を見たり、本を読んだりする時に欠かせないもの、
それはやっぱりおいしい「おやつ」でしょう。

人から頂いたちょっぴりお高めのお菓子や、テレビやネットの情報から得たお取り寄せスイーツなど、子供に食べさせるのはちょっともったいないな~なんてものをコーヒー片手に頂く至福の時間。

それが最近は・・・ない・・・。

いや、できない!!

何故かと言うと


『見てまっせ~~』
b0143879_1515298.jpg


すごい強烈なお目付け役がいるから・・・。

飲み物だけならまだいいんです。
が、冷蔵庫を開ける音、ビニールや紙袋のガサガサする音をさせようものなら
何処にいようが、何をしてようが、ものすごい勢いで駆けつけてくるんです。

ダイニングテーブルで食事をする時は、どんなに下で騒ごうが所詮背が届かないので
ひたすら無視できるんですが、リビングの方ではもう「ちょーだい」どころか
「よこせ!」とばかり無謀っぷりを発揮します。

パソコンをしている時など

『ママ、そっちの左手に持ってるものはなんでしゅか?』
b0143879_15314046.jpg


ほっといてほしいんだけど・・・。


そして最近では半ばあきらめて手ぶらでソファに座っていても

見張ってる・・・
b0143879_15335098.jpg


見張ってる・・・
b0143879_1538327.jpg


離れた場所で寝てたのに、キッチンに立った私をわざわざ追いかけて来てそして

見張ってる・・・
b0143879_15414677.jpg


いつでも食べ物を奪えるよう、スタンバイ状態です。

『ボクは、ママのダイエットの為にお散歩につき合ってあげたり、おやつを食べ過ぎないように気を配ってあげたりしてるんでしゅよ。感謝してほしいでしゅ』
b0143879_15504162.jpg


トランプが我が家に来てくれてほんとにほんとに幸せなんだけど、
幸せなんだけどな~~・・・。
[PR]

by tramplady | 2008-10-19 16:00 | トランプ

ランとカフェと

ドッグラン『HILLOCK』へまたまた行ってきました。

きょうは大型犬が多かったな~。
しかも半端じゃない大型犬の勢ぞろいって感じで迫力満点でした。

でもその中で4頭ものシュナちゃんと会えましたよ。
やっぱりなんか嬉しいな。

「ならんでならんで~前へ~すすめ!」
b0143879_15553564.jpg


「シュナ2頭で黒プーちゃんを囲む・・・」の図
b0143879_15562994.jpg


「そして今度は大型2頭に囲まれる・・・」の図
b0143879_1557195.jpg


今回このビアテッドコリーちゃんに気に入られたトランプ。
ずっと追い回されマウンティングの連続にめずらしくマジ切れのご様子。
必死で抵抗を試みてました。
b0143879_15584395.jpg


そして「やっと逃げてきたよ~~」とばかりに戻ってきたトランプの背中は
よだれでびっしょびしょのぐっちゃぐちゃ。
「ねぇ~こわかったよ~抱っこしてよ~」と哀願されるも
「ささ、もっと遊んといで~」と誰も手を出さない薄情な飼い主たち・・・。

「でもたくさんのお友達と遊べて楽しかったでしゅよ!」
b0143879_1613243.jpg



前回はお腹ぺこぺこの状態で家路についたので今回は事前に周辺状況をチェック。
そしてワン連れで入れるカフェを見つけました。

『CAFE MOJAVE』
b0143879_1633137.jpg

レゲエ音楽の流れるアメリカンな雰囲気の店内には
可愛い雑貨やカーグッズがディスプレイされていて
マスターが車好きなのかな?といった印象を受けました。

それぞれ頼んだものはこちら。

お兄ちゃん:「目玉焼きハンバーグ」・・・の目玉焼き抜き
b0143879_16114278.jpg
なんのこっちゃ?って感じですが、ハンバーグは大好きだけど目玉焼きは苦手・・・な息子のいつものオーダーなのです。

お姉ちゃん:「ふわふわ卵のオムライス」
b0143879_16125864.jpg
これは王道。お店でも一番人気らしい。

ママ:「サルサアボカドハンバーガー」
b0143879_16153358.jpg
HPでメニューを見たときから決めてました。
期待を裏切らないおいしさでした。

どれもランチタイムメニューとしてサラダとスープ(この時期はパンプキン)がつきます。
結構なボリュームで、デザートにおいしそうな自家製ケーキも食べたかったのですが
今日は断念しました。
これは次回リベンジしなくては!
[PR]

by tramplady | 2008-10-12 16:23 | ラン&カフェ

盲導犬の里 富士ハーネス

b0143879_1632722.jpg
富士山麓の朝霧高原にある盲導犬の育成施設です。
ここ、いつでも自由に見学ができるって知ってました?
私は今回初めて知りました。

来週(ん?再来週だっけ?)、子供達の通う小学校の道徳教育の一環として
視覚・聴覚障害者を招いて理解・交流を深めようという催しがあります。
その事前学習として調べた日本盲導犬協会のHPで、訓練センターは常時見学可能なこと、
そして愛犬連れでもOKなことを知り、子供達の「行って見たい!」の声に後押しされて
出かけてきました。

b0143879_16464174.jpg
中央道の渋滞に巻き込まれなければ、我が家から河口湖まで約一時間。
そこから国道139号線あるいは県道71号線を通って40分前後。
広大かつきちんと整備された敷地にシンプルで清潔感の感じられる施設です。

中央のプロムナードを挟んで、仔犬棟、引退犬棟、訓練棟など、犬のいる部屋から視覚障害者の方たちの宿泊訓練施設などが配置されています。

室内の壁には盲導犬に関する写真や資料が飾られ目を引きます。
印象的だったのは、プロムナードに面した部分がガラス張りになっており、
光が四方から入り込んでとても明るいことです。
本当にきれいな施設だなと感じました。
b0143879_1711233.jpg


一室でPR犬によるデモンストレーションを見学させて頂きました。
b0143879_1735374.jpg
担当はビスケ君。
ラブラドールとゴールデンのミックス犬でエフワン(F1?)と呼ばれる盲導犬訓練センター独自の繁殖犬だそうです。

と、ここで盲導犬豆知識!

日本では盲導犬として活躍する犬種は
  1位  ラブラドールレトリバー  
  2位  エフワン
  3位  ゴールデンレトリバー
だそうです。
その理由としては、やはり犬種的に性格が温厚で人と一緒に活動することを厭わない子が多いためということ。
そして、視覚障害者がハーネスを通して犬の動きを感じやすいようにある程度体格のいい犬でなければならないこと。
そして、目が大きく耳が垂れているという愛嬌のある顔立ちが、人ごみの中に出て行った時でも人間から嫌悪感を抱かれにくいから・・・ということだそうです。

 でもこれは日本独特の考え方で、例えばヨーロッパの方ではダルメシアンやスタンダードプー ドル、ドーベルマンなんていう犬種も盲導犬として活躍しているそうです。
 お国柄の違いですね~。

話を戻しまして、なんだっけ?
そうそう、ビスケ君のデモンストレーション。
この会場も愛犬同伴OKです。
トランプが騒がないかちょっと心配だったので私は後ろの席でスタンバイ。
でも、最初にビスケ君にちょっと反応して「クゥ~~ン」と声を出した以外は割りとおとなしく抱かれていました。

b0143879_1719952.jpg
 盲導犬に関する簡単な説明を聞いた後、ビスケ君がコマンドに従う様子や階段、障害物を認識して歩く様子を見せて頂きました。
感心したのは、自分だけが通れるスペースではなく、ユーザーさんと二人分の幅を確認した上できちんと誘導すること、そして、犬の目線より遥かに高いであろう人間の頭上の障害物まで認識できること。
感服しました。

b0143879_1725981.jpg


このデモンストレーションのあと、20分ほど施設内の格スペースの見学が自由にできます。
残念ながらここから先の見学は愛犬はNGです。
子供達と交代で見学しました。

まず仔犬棟。
b0143879_17282417.jpg
b0143879_1729285.jpg
生後30日のラブラドールのパピーちゃん達です。

ちょうど前日2ヶ月を迎えた仔たちがパピーウォーカーさんに引き取られていったばかりなので
現在はこの仔達4頭がいるだけです。
ワクチンが済んでないので触れないのですが、トレーナーさんが一頭ずつ抱き上げて見せてくれます。
もこもこふわふわでもう~~~可愛い~~~!!
あと一ヶ月、兄弟犬たちと社会勉強をしながら生活するそうです。

次に訓練棟。
b0143879_1735954.jpg
1歳になって訓練センターに戻ってきた犬たちがここで盲導犬になるための訓練をします。
ここにいる子たちすべてが盲導犬になれる訳ではなく、不向きと判断された子は介助犬やPR犬、家庭犬など性格に合った道にすすむそうです。
厳しい訓練、がんばるんだよ。

そして引退犬棟。
b0143879_17394597.jpg
盲導犬として活躍した犬たちはだいたい10歳を機に引退します。
そのあとは引退犬飼育ボランティアの方たちに引き取られたり、パピーウォーカーの時に暮らした家に戻ったりとその犬によって余生の過ごし方は違います。
ここには4頭の引退犬たちがのんびりとお日様の光の当たる温かい庭に面した部屋で過ごしていました。
b0143879_17432627.jpg
とても人なつっこく、部屋に入ると自ら寄ってきて顔をペロペロ舐めて歓迎してくれました。
「長い間ご苦労様。人間の役にたってくれてありがとね」と声をかけずにはいられませんでした。

b0143879_17454525.jpg
この子たちはもう16歳。
白い子はほとんど一日中寝たきりで、黒い子は寒い地方で活躍していた為関節を悪くしてしまい、トレーナーさんの介助なしでは歩くことも困難です。
この子達はいったい何人の視覚障害を持った方たちの光になったことだろう、そしてその光の強さはその方達にとってどれほど大きく力強いものだったのだろうかと思うと胸が締め付けられる思いがしました。
穏やかな毎日を過ごしてくれることを願わずにはいられません。

他にも病棟などもあったり、またこの日は数名の視覚障害者の方達が実際に訓練をしており
それらは遠巻きに見学させて頂きました。

トレーナーさんのお話で一番心に響いたのは、盲導犬ユーザーさんつまり視覚障害者の方達のこと。
ユーザーさん達は盲導犬を得ることによって、行動範囲が広がるとか、学業・仕事に就けるという物理的なことよりも、犬と共に生きるということに希望を見出すことができるのだそうです。
暗闇の中でひとりぼっちという絶望的な孤独感の中から、犬の温もりを感じ、犬からも必要とされる存在になることで、もう一度自分の足で歩こうという前向きな気持ちになれるといいます。
その気持ちはトランプを迎えて犬と一緒に生活するようになった私にも痛いほどわかります。
どれほど人間の支えになってくれてるか、その大きさは計り知れないです。

現在盲導犬必要としてる方達は全国に約4700人。
それに対して今活躍している盲導犬の数は996頭。
まだまだ不足している状況だということです。

また盲導犬の育成にかかる費用は95%以上が寄付に頼らざるを得ないということです。
国の管轄に入ってしまうと、補助金は得られるものの、逆にいろいろと規制されることが多くなるであろうことが懸念されるというのです。

例えば、現在盲導犬の貸し出し・訓練にかかる費用は協会が負担しているのが、ユーザーさんからも徴収せざるを得なくなったり、視覚障害の程度の線引きが細かくされてしまい、「不必要」と判断される人が多く出るようになったりと、国が絡んでくるとそれはそれで問題がでてきてしまうことが予想されるのだそうです。
「その辺りが難しい点なんですよ。」と、おっしゃっていました。
それが『盲導犬の育成はみなさんの温かい支援によって成り立っています』というキャッチコピーの所以なんです。

ここのセンターの見学も入場料は一切かかりません。
でも受付に設置された募金箱に勉強料を納めてきました。
私達にも何かできることを少しづつでも・・・という気持ちにつき動かされます。


今回、この施設を見学することで盲導犬を取り巻く現状というものを初めて知りました。
それでもきっとまだまだほんの一部なのだと思いますが、テレビのドキュメンタリー番組やドラマなどではなかなか十分でない部分が多いような気がします。
何かの機会があれば是非足を運んでみて下さい。
この周辺は自然の宝庫です。
観光に適したスポットがたくさんありますよ。
行楽の秋、(だけでなくていいですが)富士周辺に遊びに来たら、そのついでに気軽に寄ってみてください。
センターの人も犬も、温かく迎えてくれますよ。

大変長い記事になってしまいました。
最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。
b0143879_18181290.jpg


にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
[PR]

by tramplady | 2008-10-05 18:25 | おでかけ

楽しみな時間

朝、仕事へ、学校へそれぞれ出かけていく人達を見送り
新聞も見たし(←テレビ欄)、ワイドショーのニュースもチェックしたし
さ~てそろそろお掃除でも・・・と思って下から掃除機を持ってあがってくるとそこには…

b0143879_15185998.jpg
何故かきちんとおすわりし、期待のこもった目でこちらを見上げるトランプが…。
おまけにチッポぷりぷりしてるし。

おもしろいのでわざと立ち止まって様子を見てると

b0143879_1522282.jpg
何も言わないのに自らフセまで。

トランプの頭の中ではお掃除の時間=歯磨きの時間、つまりグリニーズをもらえるとインプットされている様です。

なので私がテレビをパチンと消して「さ~てと!」なんて声を出して立ち上がろうものならもうそわそわ開始。

そこでこの階段のところでのお行儀の良いお出迎えとなるのです。

そして「ハウス」の掛け声でいそいそとケージに入り、セルフ歯磨きスタート。


ケージに入れずに掃除を始めるとどうなるか…というと…

b0143879_15303954.jpg


b0143879_1532194.jpg


多分どこのご家庭でも同じかと思いますが、掃除機のヘッドの動く方、動く方へと一緒に動いてからみつきます。

もう、掃除なんてできやしません^^;

でももっと困るのは

b0143879_15343686.jpg
本体の後ろから出る排気の風に対してケンカを売ること。

b0143879_15374759.jpg
ドライヤーに対してもそうなのですが、風にものすごい抵抗を見せるのです。
声は出さないのですが、ハグハグと口を開けて、まるで風を食べようとしてるかのよう。

b0143879_15421178.jpg
なんか、非常に健康によろしくないようなので是非やめて頂きたいのですが
どうしても衝動が抑えられないらしいのでやむを得ずケージの中で歯磨きしていてもらうのです。

なのでトランプにとっては、たとえ掃除機とじゃれ合うことはできなくても
掃除の時間は至福の時なのです^^
[PR]

by tramplady | 2008-10-02 16:00 | トランプ