カテゴリ:ひとりごと( 21 )

ちょっと脱線 ~我が家のオリンピックこぼれ話~

バンクーバーオリンピックの男子フィギュアスケート3選手、大健闘でしたね!!
メダルを獲得した高橋選手はもちろんですが、
アクシデントに見舞われながらも最後まで試合を捨てずに笑顔で滑りぬいた織田選手、
一度も成功したことのなかった4回転に挑み、見事成功させた小塚選手、
「おめでとうございます」という言葉と「ありがとうございます」という言葉を贈りたいです。

さて、我が家の娘もショートプログラムの時からテレビの前で声援を送っていたのですが
メダルの行方を左右する最大の山場であるフリーの演技がおこなわれる時間帯は
残念ながら学校へ行かねばなりません。
「あ~~~、見たいのに~~」とぼやきながら朝出かけていったのですが、
なんと我が娘、学校で担任の先生に
「フィギュアスケートをテレビで見せてください!!」
畏れ多くも直訴したそうな・・・。

すると周りの友達もその提案にのって
「フィギュア!フィギュア!」とまさかのフィギュアコールが起こったらしく、
担任の先生も給食の時間からずっと、テレビをつけて見せたくれたんだそうです。

教室は勉強の場から一転してパブリックビューイングの会場と化し、
娘も即席で
b0143879_11311992.jpg

こんなものを作ってクラスのみんなで応援したらしいです。

・・・っていうか、これ・・・
b0143879_11315888.jpg

テストの裏だし・・・。

みんなで一緒に声援を送りながらの観戦がとても楽しかったらしく、
「いつか本物のオリンピックを見てみたい」と言っていました。
子供たちがこんな風にワクワクしたり感動したりできるオリンピック、
いつか、日本で再び開催されるといいですね。


そんな娘、オリンピックが始まった頃、テレビで各選手の紹介番組を見ていたらしく
唐突に私にこう言いました。

「ねえ、スケートの小塚選手って馬って言われてるんでしょ?
なんで?顔が似てるから?」
 (小塚選手、ごめんなさいね・・・)

意味がわからない・・・。

でもテレビでそう紹介してたと言うのです。

本命ではないけど実力のある選手を評して「ダークホース」という言葉が使われることが
あるので、そんな意味のことではないかと思っていたのですが、
後日何げなくテレビを見ていた私の耳にアナウンサーがこう話す声が聞こえてきました。

『小塚選手はおじいさん、お父さん共にフィギュアスケートの選手という、
 まさにフィギュア界のサラブレッドで・・・』

娘よ・・・・・・。
[PR]

by tramplady | 2010-02-20 11:47 | ひとりごと