カテゴリ:ひとりごと( 21 )

それぞれの春へむけて(娘の場合)

中学2年の締めくくりとして
国語の時間に自分を表す漢字一字を毛筆書きすることになったという娘。
前日までどの字にするか悩みに悩んでいました。

「どうしよう。。。『素』にしようかなぁ、『真』にしようかなぁ」
と決めかねているので、母からのアドバイスとして
「あんたの部屋の散らかり具合からして『汚』っていうのどう?」
と提案してみましたが、相手にもしてもらえませんでした(爆)

で、当日、学校から帰ってきた娘。。。

どの漢字にしたのかと聞いてみると

b0143879_22534646.jpg


うん・・・なかなか自分をわかってらっしゃる・・・^^;
周りの友達にも「あ~~、わかるぅ」と共感されたらしいですよ(情けな・・・)。

確かにね、やることがひじょ~~~に大雑把なのですよ。
女の子でこんなんで大丈夫なの?と心配になるくらい。

でもね、心の中はそんなに『雑』じゃないと思ってます。

今回の息子の受験のことで悩んだり迷ったり、親としてちょっと情けない姿を
娘の前でさらけ出してしまったこともあったのですが
そんな時娘は「うんうん」と話を聞きながら最後には「大丈夫だよ」と励ましてくれました。
母子で立場が逆転してしまったような珍妙な光景だったことでしょうが
娘のその一言に何故か気持ちがスッと楽になったものでした。

普段は兄を兄とも思っていないような生意気な態度なのですが
息子の結果が気になって仕方がなかったようで
発表当日は「ねぇ、学校に携帯持ってくからメール入れといてよ!」と言い出す始末。
もちろんそんなことはさせませんでしたけどね(怒)
でも実は職員室まで息子の結果を聞きに行ってたらしい・・・(爆)

だけどどうしても外に現れる態度の方が目立ってしまって
結果『雑』という風に見られてしまうのよね~。
この先はどっちの面が伸びていくのかしら。。。

さぁ、お兄ちゃんとバトンタッチして今年はあなたが試される番ですよ。
女同士だからいっぱいケンカもしそうだけど一緒に頑張ろうね。
[PR]

by tramplady | 2012-03-10 23:31 | ひとりごと

それぞれの春へ向けて(息子の場合)

今年初の大雪が降った日の楽しい記事でストップしてしまっていましたが
二度目の積雪があった2月29日。
この日は前回のようにウキウキした気持ちは全くなく
むしろ恨めしい思いで窓の外の雪景色を見つめていました。

だって・・・息子の高校入試の発表の日だったんですもの!

願書提出日も本試験の日も雨。
そして発表は大雪。
ことごとくお天気の神様に見放された今年の中学3年生たち(涙)
まさに身も心も凍りつく思いでその瞬間を待ちました。

結果は・・・

b0143879_20583666.jpg


真っ白な雪景色の中に見事サクラ咲かせてくれました。


発表の瞬間、私は掲示板を見ることができず少し離れたところから
息子の顔だけを見つめていました。
すると、表情ひとつ変えずじっと掲示板を凝視していた息子が
その固い表情のまま私の方を振り返ったので
「あぁ・・・ダメだったんだ・・・」
と一瞬覚悟をしたのですが、その息子の口から出てきた言葉が

「ねぇ、オレの番号って何番だっけ?」

・・・・・

アホか!!

「5000番代だっけ?7000番代?わかんなくなっちゃったよ」
と言いながら受験票を確認しようとしてたところ
同じ中学から受験した友達に
「お前の番号もあるじゃん」
と教えられ
「あっ、ホントだ、受かってたわ」

何これ?

よくテレビなんかで見るような
歓声が響きあい、友達同士で抱き合ったり、涙を流したり・・・
なんてドラマチックな場面を想像してた私はあんぐりと開いた口が塞がりませんでした^^;
多分極度の緊張でパニくってたんだとは思いますが・・・。

でも、一緒に頑張ってきた友達が残念ながら不合格になってしまい
落胆しながら帰っていく姿を目の当たりにした息子は
自分が受かった喜びよりもその友達の不合格がショックでショックで
その後入学手続きを済ませ高校の校門を出るまで
「他にも落ちた人はたくさんいるんだから」
と、一度も笑顔を見せることがなかったんです。

車に乗り込んで初めて「はぁ~~~」と息を吐き
「オレ受かったんだよね。良かった・・・ホッとしたわ・・・」
とつぶやくように言ってました。

あれだけ頑張ってきた成果が出たんだから
もっと素直に喜べばいいのに・・・と思いましたが
逆の立場の友達の気持ちを思いやれることができるようになった息子の成長が
誇らしくも嬉しくもあり、またその不器用さがいじらしくもあり・・・。

何はともあれ、母子の長かった受験シーズンはやっと終わりました。
いろんな想いを経験して、息子はもちろんですが
私自身もこの歳にしてまた少し親として成長させてもらった気がします。
この1年でたくさんのことを学んだであろう息子のこれからの人生が楽しみになってきました。

息子よ、お疲れ様。
ほんのつかの間の春休みを十分謳歌してくれたまえよ。
だって、都立高校に行ったってことは・・・
またすぐ3年後には大学受験が待ち構えてるんだからね(爆)
[PR]

by tramplady | 2012-03-06 21:42 | ひとりごと

興奮の一夜

我が家の娘のミーハーぶりは、これまでもさんざん暴露してきました。

しかし、しか~~し!
今回はスゴイ!!
母親の私もビックリ&大興奮の出来事が昨夜突如として起こってしまいました!


なんと我が娘、ラジオデビューしてしまいました(爆))))

娘の好きなアイドル・・・関ジャニ∞なんですが
その中のメンバーの二人がパーソナリティを務めるラジオ番組の
リスナーが参加できるコーナーに見事選ばれてしまったんです!

娘は毎週毎週そのコーナーに応募していたんですが今まで当たったことはなく
おそらくこれからも当たることはないだろうと内心思ってました(私はね)

それが昨日の夜8時ごろ、文化放送の担当者から突然電話がかかってきて
15~20分くらいいろいろと話をした結果
「じゃあ出て下さいね」ということになったんですって。

もうビックリですよ!!
娘は興奮して、私に説明するにもろれつが回らなくなってるし
私も私で「スゴイ!ホントに?!」を連発するばかりで^^;

それからはもう食事も喉をうまく通らないほど緊張し
まるで無意味ながら、いつも以上に長風呂に入り全身ピカピカに磨き上げ(爆)
神聖な気持ちで時間が来るのを待つという有様。

そして夜11時、いよいよ本番。
かかってきた電話にとびつく娘。。。

いやぁ~~、スゴイ!
アイドルとしゃべってるじゃん!!
しかも大好きな大好きなアイドルと!

「メンバーの誰が好きなの?」とか「どんなところが好きなの?」とか
「今学校でどんなことが流行ってるの?」なんて
その場で質問されたことに対して結構しっかりと答えてましたよ。
(あとで聞いたら頭真っ白になるほど緊張してたらしいけど^^;)

短い時間ではあったんですが、電話越しに生声を聞けて
しかも名前までちゃんと呼んでもらえてしっかりおしゃべりして
娘にとっては夢のような数分間だったようです。

電話切ったあとも夢うつつ状態で
「ホントにしゃべったんだよね・・・〇〇って、名前呼ばれたんだよね・・・」
って、完全に昇天してました(爆)
結局夜も興奮のあまり寝つけなかったようです^^;

ラジオを聴いていた私までドキドキだったんですけどなんか感動しちゃったなぁ。

うちの娘、私に似ずに意外なところで「えっ?」っていう行動力があったり
ここぞという時に度胸が据わってたりするような頼もしい一面がある子なんですが
今回見事に花開いたって感じ。

いやいやいや、ホントあっぱれですわ。


あまりにも突然のことで、ラジオの音源をどうやって録音していいのかわからず
とりあえずカメラの動画モードで意味のないラジオの画像と声を録音したのを
何回も再生し、感動を蘇らせている娘だったのですが
しかしここで新たな悩み発生・・・。

おそらくここで一年分の運を使い果たしてしまい、
最大の楽しみである年末のコンサートのチケットが外れてしまうんじゃないかって
気が気ではないようです^^;

まぁ、何はともあれ我が家に突如降って湧いたような大興奮の出来事だったのでした。


「おねえたん。。。」
b0143879_22411925.jpg


「ボクのことも忘れてないでつよね?」
b0143879_2242179.jpg

[PR]

by tramplady | 2011-09-30 22:51 | ひとりごと

総合評価、そして。。。

初代預かり犬グリが我が家を巣立って行って一週間がたちました。

今の私は、無事卒業生を送り出し感慨に浸る担任の先生の気分・・・。

預かり日記を遡って読みながら懐かしく思い返してみると
最初おどおどビクビクしていたグリの元気魂に火をつけたのには
トランプの存在が大きかったんじゃないかなぁと思います。

b0143879_8542380.jpg


同じ犬種ということは関係ないと思いますが
体格・体力が互角だったという点では、
長い距離をガンガンお散歩できたり、取っ組み合って遊んだりと
同じレベルで生活できてことにおいて
グリの中に眠っていた元気パワーを覚醒させるのにいい刺激になっていたと思います。

また、性格の面でも、始終ベッタリ一緒にいるわけではないけど
どちらかが遊びに誘えば必ずのってくるし
でも片方が飽きて離れて行けばもう一方も決してしつこくは追いかけず・・・という
ノリはいいけどあっさりしてるという点で波長が合っていたのではないでしょうか。

トランプ、君の存在は大きかったとママは思ってるよ。
お疲れちゃんね♪

    「わかればいいんでつよ・・・ムニャムニャ・・・」
b0143879_955814.jpg



さて、言葉だけでその労をねぎらったところで、
第一期生グリの卒業名簿は、私の心の引き出しに大切にしまっておくことにします。


そして、さぁ、気分も新たに新入生名簿を開いてみましょうか。。。

b0143879_981997.jpg




perro dogs homeではたくさんの可愛いワンコたちが
優しいご家族との出会いを待っています。
是非のぞいてみてください。

[PR]

by tramplady | 2011-02-18 09:12 | ひとりごと

気分は急☆上☆SHOW⤴

娘にとって今年最大のイベントが間近に迫っています。

b0143879_21282639.jpg


来るべき本番に備え、只今猛練習中。。。

b0143879_21292698.jpg



そしてそしてなんと!

わたくしめも、この歳にしてジャニコン初体験して参ります^^;

ダンナからは「なんでお前まで・・・」と絶句され、

息子からも「やめてくれよ~」と呆れられ、

それでもめげずに振付の特訓を受けてます。

あっ、大丈夫大丈夫、

同年代の友達母子も一緒ですから^^;
[PR]

by tramplady | 2010-12-13 21:43 | ひとりごと

体育の時間に気をつけろ!

昼間、仕事をしていると携帯が鳴った。
「〇〇中学校」の着信表示・・・。
こんな時間に学校から電話なんて、99.9999・・・%の確率で
良くない知らせであることは間違いないのです。
ちょっと身構えて電話に出ると

「こちら〇〇中学の養護教諭の〇〇です」

養護か・・・。
二人とも朝から体調が悪いということはなかったから、考えられることは・・・
息子のヤツめ、ふざけっこしててガラスでも割ったか、
あるいは、ケンカの巻き添えをくってケガでもしたか・・・?
内心ちょっとドキドキ。

「実は体育の時間にですね・・・」

あのニブちんのことだ、鉄棒か跳び箱から落ちたか?

「〇〇さんが・・・」

へっ?娘の方?

「倒立前転に失敗して、膝で左目を強打しまして・・・」

ニブイのは兄妹共通事項だった^^;


本人はあまり痛みを訴えてないし、見え方にも異常がないようなので、
しばらく保健室で休ませて様子を見るが、
何分目の周囲の痣がかなりひどいので、私がビックリするといけないと思い、
あらかじめ連絡をくれたのだそう。

帰宅した娘を迎えると、
・・・ホントにひどかった。

ボクシングでもしてきたかというくらい瞼は腫れ上がり、
目の周囲の骨格に沿ってどす黒い痣になり、
目じりはくっきりとアイラインをひいたよう。
まさにたれパンダ状態。

医者に連れて行くと、眼球に打撲の跡はみられるが、眼底、眼圧、視力、
目の周りの骨にも異常はないとのことで一安心。
痣も時間とともに消えていくので心配ないとのこと。
でもこんな風に眼球に打撲痕がつくということは、よほど強くぶつけたんでしょうと言われ
気になって見てみると、ぶつけた膝の方にも痣がくっきりついてた^^;

でも本人は案外ケロッとしたもので、
当日こそ常に鏡を覗いて気にはしてたものの、
そのあとは「もう面倒くさい!」と開き直って眼帯もせずに登校しました。

今のご時世、親から虐待を受けてるとでも思われないかしらといらぬ心配をしてると
息子も息子で、学校で友達から「おまえが殴ったんじゃねぇの~?」と
からかわれたらしい。
みんな考えることは一緒ね^^;

b0143879_1032577.jpg


なんか痛々しく見えるけど、カメラを向けると

「ね、ね、眼帯取る?」

いや、かなりグロテスクだから・・・^^;

「じゃあ、写メ撮って記念に残そっか?」

どこまで前向きキャラなんだか。
さすが小学校の卒業文集に『ポジティブに生きよう!』と書いただけのことはある。

ま、たいしたことがなかったから良かったけど、
あまり心配させないでください。。。
[PR]

by tramplady | 2010-09-30 11:23 | ひとりごと

どういう関係?

我が家の前の道は、中学校の通学路に指定されているんですが、
いつもの時間に何やらガラガラガラガラ・・・騒々しい音が聞こえてきました。

なんだろうと思って窓から外を見てみると、
「ここは空港のロビーか?!」と見紛うほど、
色とりどりのキャリーケースをゴロゴロと転がしながら歩いていく女子中学生の群れ。

そうでした、翌日から関西方面へ修学旅行へ出かけるにあたり、
前日に荷物だけを学校から現地へ輸送するとのことで、
皆さん大荷物持参での登校だったのです。

しかしビックリした~~^^;
今の修学旅行って、こんなスタイルなんだ・・・。
それに比べ男子諸君は、「荷物入ってるの?」と思うほど地味なスポーツバッグを
軽々と肩からぶらさげて歩いているのが可笑しかった^^

この話を早々に中3女子を持つママ友にすると、
「制服で行動するから、たいして荷物なんてないんだけどね~」と言っておりました^^;

キラキラにデコられたキャリーケースの集団を見ながら、
2年後には私もきっとこれを買わされる羽目になるんだろうなぁと覚悟した私です。


昨日のこと、買い物から帰るとまたまたトランプの姿が見えず・・・。
こうなると、このあとの展開に非常に不安を感じると言うのは先日も書きましたが、
恐る恐る息子の部屋を覗いてみると・・・


b0143879_9355776.jpg


どこから引っ張り出してきたのか、息子の靴下と添い寝するトランプの姿が・・・。

トランプにとって天敵のような存在のはずの息子と
いつのまにそんな関係になったんだ・・・?
[PR]

by tramplady | 2010-06-16 09:40 | ひとりごと

~yell~

入学式からもうすぐ1ヵ月。
ちょっと大き目の制服姿も体に馴染んできて、中学校生活を楽しんでいる娘。
楽しみにしていた部活動が本格的にスタートしました。

b0143879_11555100.jpg


娘が選んだのはバレー部。

何を隠そう中学の3年間はバレー部で涙と汗を流してきた私、
「きついぞ~」と先輩として忠告もしたのですが、
♪苦しくったって、悲しくったって、コートの中では平気なの♪
の精神でがんばるそうです。(↑知らない人いるかな・・・^^;)

これからは平日は毎日放課後6時までの練習に加え、
土日も練習や試合で埋まる日がほとんどで、文字通り部活づけの生活になりそうです。

そうなると、今までみたいにトランプとのんびりお散歩に行ったり、
広い公園やランで楽しんだりという機会がグッと減りそう。
ちょっとママ寂しいじゃない・・・(涙)

でもこうやってだんだんと親離れしていくんでしょうね。
私の方が少し目線を変えていかなければいけない時期がスタートしたのかもしれません。

自分で決めた方向に一歩ずつ歩いていこうとする娘の後ろ姿は、
ちょっと頼もしく、でも少しだけ遠く感じます。

ガンバレ!おねえちゃん!
今しかできないことを思いっきり楽しんでね。
でも、一人で進みすぎてちょっと疲れた時は、後ろを振り返ってみてね。
ママがサポート体制万全にして立ってるからね!
[PR]

by tramplady | 2010-04-28 11:28 | ひとりごと

忘れ物多し・・・

「忘れ物大丈夫?」と登校していく子供たちに声をかけるのが朝の日課。
「大丈夫だってば~」とうるさがれるこの頃なのですが、ついつい心配でね^^;

でもそんな私がこのところ立て続けに忘れ物・・・というか、落し物をしています。

先日のTDLでは、なんとスペースマウンテンに乗っている時に携帯を落としました^^;
無造作にポケットに突っ込んでいたので、
あのスピードと急旋回でこぼれ落ちたらしいのですが、
おそらく次に乗った方が親切にも拾って届けてくださったようで、
すぐに戻ってきて事なきを得ました。


しかし昨日のこと。
予約していた大好きなアイドルのDVDを取りに行く娘と一緒にショップに行ったんですが、
私も以前から欲しかったCD(アイドルのものではないですよ、念のため)を見つけたので
私は私でそれを買ったんです。
それが・・・それが・・・家に帰ったら・・・ない!!

思い当たるのは帰りに寄ったスーパーで買ったものを袋に詰めている時か、
立駐で車が出てくるまで待っていた椅子の上。
それ以外は手に持っていたのでそこしかない思い、
即電話して確認してもらったのですが、現段階でもまだ見つからず。
もう諦めるしかないですよね・・・さすがに。
はぁ~~、悔しいし、悲しいし、情けないしで自分に腹がたって腹がたって・・・。

かなり落ち込んでる私を見て娘が
「私のポイントカードのポイント使って買いなおせば?」なんて優しいことを言ってくれたんですが、そういうわけにはいかないだろう、親として^^;

こういうときは、もしかしたら他にもっと大きなものをなくしかけていたのが
CD一枚で済んだのかも・・・と無理矢理前向きに考えて
気持ちを切り替えることにしたのですが・・・
買ってきたDVDを楽しそうに見ている娘を見ると・・・やっぱりショックだ・・・。

b0143879_1355488.jpg

[PR]

by tramplady | 2010-04-07 13:59 | ひとりごと

今年もまたWのお祝い  part1 

去年と同様二つのお祝いが重なった今日。

ひとつは娘の小学校の卒業式。
b0143879_1641135.jpg


1歳4ヶ月しか離れていない年子の下の子である娘。
何でも先に世の中のことを経験する息子の成長の方に合わせて
まるで双子の育児のように無理矢理一緒に育ててきてしまったように思います。

そのため周りからは「しっかり者」と思われがちですが、
本当はとても繊細で、甘えん坊で、でもそのことをうまく表現することが苦手な
ちょっと不器用なタイプ。
でも家族思いで、人の痛みのよくわかるやさしい女の子に成長してくれました。

学校が大好きで大好きで、友達といるのが楽しくて楽しくて、
卒業するのを本当に寂しがっていました。
「友達との写真いっぱい撮ってね!」と朝から何度も念を押しつつ出かけて行きました。

    とても生徒思いで理解のある担任の先生と。
    先生ったら、女子大の卒業式かと思っちゃったわ。
b0143879_1654480.jpg


    顔を出せないのが惜しいほど美女揃いの今時の女子チーム。
b0143879_1665510.jpg


    最後まで仲の良かったグループ。
    中学が違ったり、引越ししちゃう子もいて、すごく残念。
b0143879_1684122.jpg


    ああ言えばこう言うといったやり取りが楽しかったという後輩の5年生の男の子。
    周りにひやかされながらも一緒に撮ってくれました。
b0143879_16115330.jpg



さぁ、いよいよ4月からは中学生。
自分の力を信じて、未来に向かってはばたけ!!


昨夜、寝る前に私の枕元に置かれていた手紙。
b0143879_1615133.jpg


ありがとう。
おかあさんの方こそあなたにはいつも感謝しているよ。
大袈裟じゃなく、あなたは私の生きる力になってくれているから。
10年後20年後も一緒にお散歩のできる仲良し親子をめざそうね。
卒業祝いの来週の女二人のTDL、思いっきり楽しもうね!!

卒業、おめでとう。
[PR]

by tramplady | 2010-03-25 16:26 | ひとりごと