マラセチア菌…だって

最近トランプがよく首の辺りを掻くようになり、お散歩中でも突然止まって掻き出す始末なので
ちょっと気になって病院へ連れて行ってみました。

そうしたら「マラセチア菌による外耳炎」だそうです。

マラセ…ん?何それ?

ということで家に帰って調べてみると

『マラセチア』とは、真菌(カビ)の一種で、健康な動物の皮膚や粘膜に寄生している常菌で、普段は悪さをすることはないけれど、環境の変化や抵抗力の落ちた動物では異常繁殖を起こして炎症や痒みを増悪させるのだそうです。
長毛種や垂れ耳のワンコは特に要注意で、また、じめじめした環境を好むので
梅雨の時期の湿気やシャンプーのあとの乾かし残しなど悪化させる原因となってしまうそうです。

トランプは以前から、ベタ耳体質なので耳の病気に要注意と先生から言われていたので
耳掃除も日にちを決めてやるようにしていたのですが…悪化させちゃいました。

点耳薬をもらったのできちんと治療します。
そうしないと、耳を掻いた足をなめることによって指の間や口の周りにまでマラセチア菌による皮膚炎を拡大してしまうこともあるそうです。

ちょうど来週トリミングの予約を入れてあるので、耳の毛をきれいに抜いてもらえるので良かった~。
b0143879_15415554.jpg
土曜日だった事もあって病院は超混み状態。
いろんなワンちゃんネコちゃんに会って興奮しまくりのトランプでした。
でも他の子たちはみ~んなママやパパのお膝の上でおりこうさんにしてましたよ。
遊びたくてちゃかちゃかしてたのはトランプだけでした。
ちょっぴり恥ずかしかったぞ。
[PR]

by tramplady | 2008-09-06 15:48 | トランプ

<< トリミングに行ってきたよ~ 一番のお気に入りは? >>